畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

小金井市の皆様へ!畳・ふすま・網戸・障子の安心施工は畳隊へ

小金井市

東京都小金井市は畳隊の施工エリア!

小金井市の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 小金井市エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
小金井市はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
小金井市の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:良い畳はい草の粒が揃っている!

良い畳か悪い畳か判断するためには、まずは表面のい草の粒が揃っているか確認しましょう。い草の色や太さなどが均一であるということは、畳表を織り込む段階できちんとい草を選別しているわけであり、作業工程を省かない丁寧な生産者が作っていると考えられます。海外製の畳の場合、コストパフォーマンスを良くするという目的があるため、それほど丁寧に作ることは少ないです。

また、い草の粒が均一ですと、畳の表面が滑らかになるため、光の反射によってきれいなツヤが現れます。しかし、い草の粒がバラバラの場合はツヤがなく、見た目にハリがありません。そのため、見た目でもあまり良くない畳と判断することができますが、着色料などを使用している場合は近くでよく見ない限り判断できないケースもあります。ちなみに、い草の粒が揃っている畳は、年月が経過して色が変色する時も色の変わり方が緩やかです。というのも、デコボコしている部分がないため、万遍なく日光を浴びて変色していくからであり、全体的に少しずつ変わっていくためいつ色が変わったのか気付かないこともあります。

このように見える部分であるい草の粒をチェックすることも大切ですが、見えない部分である畳床の種類についても確認することを忘れないようにしましょう。畳床とは、畳の土台部分であり、従来は素材に稲わらが使用されていましたが、次第に軽くて機能性の高い木質繊維材を使用することが一般的となりました。木質繊維材は通気性・吸湿性に優れているなど、稲わらと似た性質を持っているため一般家庭で使用することにも適しています。しかし、硬い建材を使用する場合クッション性が損なわれるため、座り心地も悪くなります。質感を重視するのであれば、なるべく多くの稲わらを使用している畳床を選んだ方がよいでしょう。ただし、稲わら100%の畳床の場合も、稲わらの量や質、織り方などによってランク付けされているため、品質を追求する方はしっかり調べる必要があります。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.