畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

神崎町の畳(裏返:1980円~)格安施工!ふすま・障子網戸も畳隊へ

神崎町

千葉県神崎町は畳隊の施工エリア!

神崎町の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 神崎町エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
神崎町はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
神崎町の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:引越しのあれこれ

21 敷金の考え方

 アパートやマンションなど賃貸住宅に住んでいると、入居時に「敷金」を家賃とともに支払っていることが多いのではないでしょうか。この「敷金」とは、部屋の貸し主(大家・家主)に「預けておくお金」のことです。借り主が部屋に損傷や破損を与えた場合や家賃の滞納があった場合に、この「敷金」が使われることになっています。退去するときに、精算をして返金してもらうのですが、このときの精算手続きでトラブルになりやすく、苦情も多く聞かれます。

 正しい知識を持つことがトラブル防止の大きなポイントです。しっかりと確認をしましょう。敷金の精算は、たいてい引越し後に行われます。退去後、ハウスクリーニングや壁紙、畳の張り替えなど、補修や清掃が行われ、そのあと改めて連絡が来て内訳や精算料金が提示されます。入居したときの「原状回復」が基本なので、敷金が全額戻ってくることはないと考えておいたほうがいいでしょう。借り主の過失や故意で破損・損傷した場合はもちろん借り主が支払いますが、その他にも「棚をつけた」などの改装・改造も借り主が元に戻さなければなりません。しかし「原状回復」といっても、通常の生活によって劣化したようなもの(自然消耗)、たとえば壁紙の変色やタンスなどを置いたへこみなどは、敷金をあてる対象にはなりません。

 「原状回復」という言葉のもつイメージから、入居時の状態に「完全に」戻さなくてはならないのではないかと思いますが、そんなことはないのです。ただ、「原状回復」と言っても、人によって感じ方や受け止め方が違うので、実際にトラブルになることも多いのが事実です。全部屋の壁紙の張り替えなど当然のように請求する家主がいるそうですが、壁紙の変色は経年劣化で起こる自然消耗ですし、過失で汚したとしても一部の張り替えで済むはずです。入居時の契約書などをよく読んで、確認をしておきましょう。

 また、普段から、修繕が必要な破損や損傷が発生した場合は、まず貸し主や管理会社に連絡をして、早めの対応をしておきましょう。また借りていた物件を明け渡すときは、荷物をすべて出して、きちんと清掃し、貸し主や管理人立ち会いのもと、修理や修復の有無などを一緒に確認をしましょう。入居者自身がマナーを守り、普段から関係を作っておくことで、認識の食い違いや退去時のトラブルを防止することができます。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.