畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

流山市の畳(裏返:1980円~)格安施工!ふすま・障子網戸も畳隊へ

流山市

千葉県流山市は畳隊の施工エリア!

流山市の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 流山市エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
流山市はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
流山市の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:日本家屋(木材について)

12 木材の色あれこれ

 それではクイズです。木材の色は、何色でしょう? そう、茶色と答える方がほとんどだと思います。木の色は茶色ですが、ちょっと身の回りの家具や木製品見てみましょう。いろいろな茶色があると思いませんか? 明るい茶色から暗い茶色まで、木目がハッキリしているものもあれば、そうでないものもありますね。

 同じ木でも、経年や環境で色が変わってきます。今回は木の色の秘密についてご紹介しましょう。美しい色や木目を生かして作られた家具や家の内装、木工の小物などは、時間が経つにつれ、また置かれている環境などさまざまな要因で、変色していきます。その変色が、その家具(内装、小物など)の価値を上げることもあれば、逆に価値が下がったり、質そのものが悪くなってしまうこともあります。変色の原因には何があるのでしょうか。ひとつは「光」です。特に紫外線の影響はとても強く、光は完全に遮断することができないので、必ず変色していきます。

 たとえば、ヒノキやパイン(欧州産マツ)系は飴色に変化し、チーク材などに見られる黒い筋は薄くなり、濃淡が少なくなってきます。このように光による変色は樹種によって違いがあります。しかし光の影響がおよぶのも木の表面に限られ、大きく変色するのは表面から深さ0.2ミリほど。無垢の木材なら、表面を削ってしまえば元の色がよみがえります。金属によって変色してしまう場合もあります。たとえば、フローリングの床の上に、金属製の小物やゴミ箱などを置いていたら、金属と接触していた床が黒く変色することがあります。これは鉄や銅などに含まれる金属イオンと木材のタンニンが反応し、黒色の化合物を生成してしまうからなのだとか。タンニンが多い木材(スギ、レッドオーク、サペリなど)を使用する場合は注意が必要ですね。

 予防のためにはフェルトや布などを挟み、床面と金属がじかに接しないようにしましょう。アルカリによる変色もあります。石けん成分を持つクリーナーなどのアルカリ性物質に触れることで、木材が灰褐色~暗褐色に変色する場合があります。無塗装の状態での、アルカリ性クリーナーの使用は避けましょう。風化による変色では、どんな樹種でもシルバーグレイに変化します。最近はウッドデッキなどが流行っているので、屋外施設の建築に木材を使用することが多いと思います。紫外線の影響も強いのですが、木材中に含まれるリグニンという光に敏感な物質が、雨によって流されてしまい、その影響で脱色したようなシルバーグレイに変わるのだそうです。用途や環境を考えて使用する木材を考えたら、その色の変化も楽しめるとおもしろいと思います。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.