畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

習志野市の畳(裏返:1980円~)格安施工!ふすま・障子網戸も畳隊へ

習志野市

千葉県習志野市は畳隊の施工エリア!

習志野市の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 習志野市エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
習志野市はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
習志野市の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:日本家屋(木材について)

13 木材の乾燥と重要性

 木は、大地に広く張った根から水や養分を吸収して、成長しています。ですから、伐採直後の木には水分が多く含まれています。もちろん水分を多く含んだままの状態では、木材として使用することは出来ません。なぜなら乾燥していく過程で、木材の細胞は水分が抜け収縮しようとしますが、木材の各部の含水率や収縮性能が異なるので、割れや狂いが出てきてしまうからです。

 木材の乾燥には、大きく分けて「天然乾燥」と「人工乾燥」があります。「天然乾燥」は、木材を雨が当たらないような場所に積み、風邪や太陽光で乾燥させます。自然の力を利用するため、どうしても時間がかかってしまい、効率はよくありません。「人工乾燥」は、木材を室内に保管して、さまざまな環境条件を調整して乾燥させます。たとえば、熱風を用いる「高温乾燥」、減圧をして水分を抜く「減圧乾燥」、有機溶剤を使った薬剤に接触させる「薬品乾燥」、高周波を発生する電極を木材に付ける「高周波乾燥」なんていうのもあります。

 木材の乾燥速度は、伐採前後の空気中の水分量など回りの環境や、細胞壁の厚さや細胞内の充填物の有無などといった樹の性質、木材としての厚さや大きさ、部位などによって違うため、その樹種や木材の種類に合った乾燥方法を選ぶことが重要になってきます。昔は、時間をかけて乾燥させた木材を現場に積み、現地の気候でその木材をさらに乾燥させながら、ひずみや状態を見て、大工さんが施行することが出来ました。しかし最近は流通も工期もスピード化が良しとされているので、いろいろな「人工乾燥」の方法があるのですね。木材の乾燥が重要なのは、割れや狂いを防ぐためだけではありません。

 一般に木材は、乾燥するほど強度が向上すると言われています。また、水分が抜けるので重さも軽くなり、より扱いやすくなりますね。また乾燥して水分が抜ければ、木材に悪影響を与える変色菌や、木材を腐らせてしまうカビなどの腐朽菌の繁殖を抑えることになりますし、水分を好む害虫の発生も防ぎます。木材がより長持ちし、健康にもよくなるわけです。木材に使う樹種の種類も多くなり、木材の加工方法や木造建築の工法なども昔と比べると格段に進化していますが、木材をよく乾燥してから使うことは変わりありません。木材を利用する上で、もっとも重要なステップのひとつだからですね。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.