畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

富里市の畳(裏返:1980円~)格安施工!ふすま・障子網戸も畳隊へ

富里市

千葉県富里市は畳隊の施工エリア!

富里市の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 富里市エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
富里市はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
富里市の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:日本家屋(木材について)

10 木の香りと癒し

 木を削ったり切ったりした直後の香りがどのようなものか、わかりますか? 伐採したての木材の香りに触れる機会はあまりないですが、それでも、たとえば学校の図工で木版画や木工作をしたことがある方は多いと思います。小さな木片を削ったり切ったりしたときに、思わず香りを嗅いだ経験が、皆さんにもあるのではないでしょうか。

 すがすがしく、爽やかな、いい香りだったと思います。その「木の香り」にはどのような効果があるのか、少しご紹介しましょう。伐採直後の木材はとてもいい香りがしますが、時間が経つにつれて、だんだんと薄れていきます。しかしそれは表面上だけで、たとえば法隆寺の柱などに使われていた伐採後1300年を下手にもかかわらず、表面をかんなで2~3ミリ削ったら、ヒノキ特有のいい香りが漂ったそうです。植物としての命を絶たれる伐採の後でも、木の香り成分はずっと残っているのです。

 木の香りは、樹木本来の生理活動によって香り成分が生産される場合と、木材の成分が微生物などによって分解されて、香り成分が生産される場合の2通りがあります。前者は「木そのものの香り」になり、ヒノキやヒバのように、その木材の価値を高めるいい香りになることが多く、後者は微生物によって生産された「その木には存在しなかった香り」になり、時に悪臭になってしまうことがあります。悪臭成分は親水性の物質であることが多く、木材のなかの水分に強力に残ってしまうため、完全に除去するのはとても難しいです。ですから、悪臭が発生しないように、伐採した後の速やかな処理や管理、たとえば運搬、貯木、製材、乾燥に至るまでの過程に、細心の注意を払い、悪臭の発生を予防するようにしています。

 また、なかには金属まで腐食させてしまう香り成分もある、ということですから、本当に驚いてしまいます。木の香りにはヒノキの香りのように、リラックス効果がありアロマセラピーにも使われるものから、実際に防虫や抗菌、抗カビを目的に使われるものもあります。新鮮な木材や木片を手に取ると、知らず知らずその爽やかな香りを嗅いでしまうのは、木とともに生活している長い歴史のなかで、自然と体や心にいい影響を与えるのだと感じているからではないでしょうか。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.