畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

伊勢崎市の畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊

伊勢崎市

群馬県伊勢崎市は畳隊の施工エリア!

伊勢崎市の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 伊勢崎市エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
伊勢崎市はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
伊勢崎市の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:琉球畳とは?

畳には独特の温もりや優しさがあり、洋風建築が浸透した現代でもその働きに注目が集まっています。しかし、フローリング部屋に畳を敷く場合の問題点として、洋風の空間に合わないこと、間取りが足りないことなど、デザイン上の問題があります。そこでおすすめなのが、琉球畳です。琉球畳は、縁がなく正方形の形をしているという特徴があります。畳の大きさを半分にした半畳ですので、狭い空間にもフィットしやすく、色の異なる沖縄畳を交互に敷くことでチェス盤のようなデザインとなり、モダンな空間を演出できます。

琉球畳はもともと、高給な畳が一般庶民の手に届くようコスト削減のために生まれた畳であり、沖縄の太くて丈夫な七草い草によって手織りで作られていました。琉球畳は、通常の畳よりも目が粗く触感がざらついているため、昔はあまり人気がありませんでしたが、畳の目をより細かく織る目積織りを採用することで、より繊細な雰囲気を演出することができます。市松模様などデザイン性の高さで注目を集めている琉球畳は、基本的に目積織りであり、熟練した職人の手作業となるためコストも通常の畳の2~3倍しますが、耐久性も高くインテリアとして好まれています。

ただし、琉球畳にもいくつかの種類があるので購入前に確認しましょう。琉球畳は主に、純国産、半国産、外国産の3つの種類に分かれており、純国産の場合は大分県の七草い草が使用されるケースが多いです。一方、熊本産琉球畳とある場合、一見国産のように思えますが、中国産のい草を熊本県で製織している半国産ですので間違えないようにしましょう。一般に流通している琉球畳としてはこの熊本産琉球表が多く、次に価格の安い中国製琉球畳があります。手織りではなく機械織りにする場合も、琉球畳の価格は割高になる傾向がありますが、琉球畳は通常の畳に比べて破損しやすく管理が難しいということ、通常と異なる織り方を機械設定する必要があることなどから、若干コストがかかるようになります。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.