畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

稲敷市の畳(裏返:1980円~)ふすま・障子網戸の格安施工は畳隊!

稲敷市

茨城県稲敷市は畳隊の施工エリア!

稲敷市の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 稲敷市エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
稲敷市はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
稲敷市の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:大掃除のあれこれ

31 結露を甘く見てはいけません

 一戸建てやマンション、そしてアパートに住んでいる人、全てにとって「結露」は悩みの種だと思います。思ってもいなかったとこが、湿っていたりしていて、油断すると直ぐにカビの原因にもなります。そので対策を考える前になぜ「結露」ができるのかを考えて見ましょう。原因が分れば、対策も立てやすいですよね。結露に弱いのは畳も例外ではありません。

 特に、冬場の結露には手を焼いている人がい多いのではないでしょうか。多くの人は、家の構造や、機密性か考えてしまいがちです。もちろん、そのような対策もありますが、実はこの結露ですが、どのような器具を用いて部屋を暖めているのかで大きな差が出ます。従って、身近な結露対策としては、暖房器具選びから始まっているのです。

 第一の原因は「石油ファンヒーター」です。石油ファンヒーターは機器の内部に燃焼室があり、そこから吹き出す風によって部屋を暖める仕組みです。従って化石燃料を燃やすため、どうしても水蒸気が発生してしまい、その結果として結露になります。意外と、このことを知らないがために、延々と石油ファンヒーターを使い続け、結露対策とのいたちごっことなっている人が多いのではないでしょうか。言うなれば、対策をしつつも、結露の製造元を使い続けている状態です。

 次は、皆さんご存知だと思います。温度差がもたらす結露です。空気中には、常に水分が気体となって一定量溶け込んでいます。これが湿度です。温度が高ければ、多くの水が気体となって溶け込み、逆に温度が低いと、溶け込める量も少なくなります。壁の無い、どこまでも無限に続く部屋でしたら、結露は起きませんが、部屋には必ず、壁があり、窓があり、襖があり、障子がありドアがあります。

 そして外気と接しているのが、窓ですね。壁やドアなどは、外気に直接触れない場合もありますが、そもそも窓は外気や日光を取り入れるためのものですから、接しているのが通常です。少なくとも、畳や襖、障子が外気に常時触れることは、その用途からして、先ずありえないですね。

 ガラスなどは、外側は直接外気と接しているので、特に冬場は冷たくなります。そこに、暖房で暖められた空気が触れると、急激に冷やされるため、気体として溶け込んでいた水分は行き場のが無くなり、水滴となってガラス表面に付着します。その量が増えれば、より大きな水滴となり、滴り始めます。多くなると畳表に垂れていたりもします。

 対策を講じずに放置すると、家全体の劣化を早めることになり、耐性も低下します。例えば、畳や襖、そして障子は、それ自体に湿気を吸収する機能があります。この機能は、ガラスやアルミにはありません。従いまして、先ずは、その当たりから対策を講じてみるのも良いかもしれません。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.