畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

羽生市の畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊!

羽生市

埼玉県羽生市は畳隊の施工エリア!

羽生市の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 羽生市エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
羽生市はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
羽生市の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:寝具について

13 タオルケットの選び方

 「タオルケット」は、その肌触りの気持ちよさや洗濯機で丸洗いできる手軽さから、一年中利用している方も多いのではないでしょうか。夏の代表的な寝具である「タオルケット」ですが、実は畳と同様に日本で生まれたものであるのはご存じでしょうか。タオル用に作られていたパイル織物の幅を広くして、寝具用に改良して生まれたものなのです。「タオルケット」という言葉も、「タオル」と毛布を表す英語「ブランケット」を組み合わせた和製英語なのです。すばらしい日本人の智恵が活かされていると思いませんか(ちなみに、タオルケットは英語では「Bathsheets-バス シーツ」と呼ぶそうです)。

「タオルケット」は「パイル織り」で織られているものが主流です。ジャガード織機によって柄をだしたものを「ジャガードタオルケット」と言います。「パイル」とは生地の表(または表裏とも)の糸が輪(ループ)になっているもので、これがタオル独特の爽やかな肌触りとなるのです。このループ状のパイル糸が何かに引っかかったりすると伸びてしまうことがありますね。これはパイル織りのタオルやタオルケットの弱点ですが、この弱点を解消するためパイルの表面をカットしてなめらかな肌触りを持たせた「シャーリング加工」をしたものもあります。この「シャーリングタオルケット」は表面が緻密な織りになるため、美しい柄に仕上がります。

 タオルケットの言わば「いのち」である吸湿性(畳と同じ効果)やさわやかな手触りは、ループ状に輪になったパイルにあるので、パイル糸が伸びてしまったら、引っ張らずにハサミで切ってしまいましょう。タオルケットは吸湿性・放湿性が特徴なので代表的な素材は綿ですが、夏には「麻」素材も人気があります。また肌触りの良さから、毛布や羽毛布団と組み合わせて使用する方も多いと思いますが、ウールと綿を混ぜたパイル糸を使って保温性を高めた「ウーリッシュケット」というタオルケットも開発されています。

 購入するときは、パイル地のボリュームも大切ですが、地糸のしっかりしたものを選びましょう。安い粗悪品は地糸が少なく、洗濯すると縦の方向に縮んでしまいます。「タオルケット」は寝具の中でもよく使いよく洗う
ので、しっかりとしたものを選びましょう。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.