畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

滑川町の畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊!

滑川町

埼玉県滑川町は畳隊の施工エリア!

滑川町の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 滑川町エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
滑川町はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
滑川町の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:寝具について

10 シーツの選び方

 「シーツ」と言っても、長方形の形をした布のいわゆる「シーツ」と、四隅にゴムを縫い込んである「ボックスシーツ」があります。どちらも布団用とベッド用がありますが、ご家庭では布団を敷いたり、ベッドメイキングの手間を省くために「ボックスシーツ」を使う方が多いのではないでしょうか。シーツの種類は大まかにこの2つですが、素材や織りが多種多様なので、お好みのものを選んでみてはいかがでしょうか。シーツの品質を表す指標の一つに「スレッドカウント(数)」があります。「スレッドカウント」というのは、シーツ生地1インチ四方を織るために使われる糸の数のことを言います。畳を例に考えてみると、表ゴザがシーツの役目をしています。

 およそ100から1200までの範囲がありますが、良質のシーツは300スレッドカウントからと言われています。素材は綿(コットン)が一般的ですが、高級シーツと言えば、シルクやエジプト綿、バンブーコットンがあります。シルクは手触りがよく光沢が美しいのですが、お手入れがたいへんです。バンブーコットンはその名の通り竹の繊維で出来ており、通気性に優れているので冬は暖かく夏は涼しいという特徴があります。綿以外では麻のシーツも人気があります。麻は独特な肌触りがありますが、スレッド数や織り方でなめらかな手触りになるものもあります。これに関しては、畳表と同じです。織り方には主に「平織り」と「サテン織り」があります。

 「平織り」は縦糸と横糸を交互に浮き沈まさせる、最も単純な織り方です。一般的なシーツはこの「平織り」で作られています。「サテン織り」は生地の表面に縦糸をより多く出した織り方で、いわゆる「サテンのような」と形容されるツヤのある質感が出ます。高級ホテルのようなシーツを選びたいと思ったら、「ある程度の高スレッド数」「高品質な素材」そして「好みの質感(織り方)」を基準にするといいでしょう。どんな寝具でも、直接肌に触れるのは寝具カバーなどの「シーツ」です。ベッドを覆う面積も大きいので、お部屋に与える印象にも影響を与えます。色や柄などのデザインも、ご自分の好みや部屋の雰囲気に合うものを選ぶといいでしょう。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.