畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

羽村市の皆様へ!畳・ふすま・網戸・障子の安心施工は畳隊へ

羽村市

東京都羽村市は畳隊の施工エリア!

羽村市の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 羽村市エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
羽村市はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
羽村市の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:多種多様な畳床の種類

一昔前であれば、畳床を作る時は、稲わらを圧縮させて板状に加工する方法しかありませんでしたが、現代ではコルクボードや発泡スチロール、蒸解した木材繊維を接着剤と混合して熱圧したインシュレーションボードなど様々な素材が使用されています。また、素材によってカビが発生しにくいもの、ダニや害虫が繁殖しにくいもの、防音性能に優れているものなど、それぞれ違いがあるため、選択肢も広がります。畳床の形状は主に3つに分かれており、純粋に稲わらだけを使用した「稲わら畳床」と、建材を稲わらに挟む「稲わらサンド床」、稲わらを一切使用しない建材のみの「建材畳床」があります。

さらに建材畳床には、コルクボードを芯材に使ったボードのみの「Ⅰ型建材床」、発砲スチロールとインシュレーションボードで構成された「Ⅱ型建材床」、ポリスチレンフォームを木質ボードで挟んだ「Ⅲ型建材床」などがあり、構成によって耐久性や質量、硬さなどが異なります。もちろん、建材のみを使用しているものほど硬く耐久性に優れています。市場に流通している畳床のうち90%が建材畳床ですが、この中でもっとも普及しているのは軽量で安価な「Ⅲ型建材床」であり、アパートなどの業務用畳にも使用されることが多いです。

このように多様な素材・構成が考えられるようになった背景には、稲わらの入手が困難になったことや製造・保管方法が難しいこと、保湿性が高いためダニなどが繁殖しやすいことなどがあげられます。しかし、踏み心地や通気性に関しては他の素材では稲わらには遠く及ばないとされており、稲わらの畳床は依然として高い人気を誇ります。ただし、使用する稲わらも国産や中国産など業者によって様々であり、稲わらの品質や圧縮度、作り手の技術などによって仕上がりが大きく異なります。期待する品質の畳を入手するためには、それぞれの業者でどのような作り方がされているのかもよくチェックする必要があります。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.