畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

台東区の皆様へ!畳・ふすま・網戸・障子の安心施工は畳隊へ

台東区

東京都台東区は畳隊の施工エリア!

台東区の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ 台東区エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
台東区はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
台東区の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:大掃除のあれこれ

5 「拭く」の色々

 「拭き掃除」に欠かせないものと言えば、もちろん「ぞうきん(雑巾)」です。ご家庭では、使い古したタオルをぞうきんにすることが多いでしょうか。しかし最近では百均やホームセンターなどで安価なぞうきんも出回っているので、わざわざ「ぞうきんを縫う」ご家庭は、めっきり少なくなったかもしれませんね。基本的に、床はから拭きで掃除します。最近は合板の床が多いので、すき間に水気が入ると合板がはがれる原因になってしまうからです。畳の掃除も拭き掃除が基本です。

 水拭きをするとせっかくのワックスも取れてしまうので、水を使う場合は固く絞ってから拭きましょう。畳も湿気を嫌うので、固く絞ったぞうきんで拭きます。最近は「クイッ○ルワイパー」に代表されるような特殊な不織布を使ったモップや某レンタル会社で使われているような「化学ぞうきん」、汚れがさらに落ちやすいマイクロファイバー素材で作られたものもあるので、「拭き掃除」もとてもラクになったように思います。しかし日常のお掃除は、そういった便利な道具でササッと済ませても構いませんが、「大掃除」となるとそうはいきません。普段は目の届かない収納家具の中や裏、照明器具の外側や内側などを拭くときに、「ぞうきん」は欠かせません。しかし「大掃除」のために、わざわざ新品を用意する必要はありません。使い古したタオルやフキンを日頃から捨てずに取っておいたり、着古した下着や綿の衣類は適当な大きさに切っておけば、ウェス(清掃用の布きれ)として使えます。ウェスは使い捨てができるので、床や畳などにひどい汚れがある時はとても便利です。

 意外と使えるのは古い靴下です。小さく切ってウェスにしてもいいですし、そのまま手にはめて狭いすき間に滑らせれば、取りにくい汚れやホコリもとれます。同じように古い軍手も使えます。指の動きを使って拭けるので、細かいもの複雑なものを拭いたり洗ったりするのに、便利ですよ。さまざまな「ぞうきん」がありますが、きれいな面を出しながら使える、使う面積が柔軟に変えられる、何度も洗って使える・・・などなかなかに便利な掃除道具なのです。

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.