畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊にお任せ!

さいたま市の畳・襖(ふすま)・網戸・障子の格安施工は畳隊!

さいたま市

埼玉県さいたま市は畳隊の施工エリア!

さいたま市の皆さん、どうぞお気軽にご相談下さい。
全ての作業は20年以上のキャリアと実績を有するジョイフル本田グループの管理下で行われます。
畳(たたみ)、襖(ふすま)、網戸、障子のことは、安心と信頼の畳隊にお任せ下さい。

■ さいたま市エリアの工期詳細
● 畳の表替え&裏返し
さいたま市はサービスエリア内です。
● 畳の新床&新品・襖・網戸・障子の貼替え&新品
ご注文後、日時を調整し、お客様ご指定の施工先までお伺いし、採寸等を行います。
納品は、各種貼替えについては最短で翌日、各種新品は1週間~10日程度が必要です。
さいたま市の皆さんからの「ご注文」をお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

【畳隊 コラム】 畳隊休憩室!

畳隊休憩室:賢い!節電のすすめ

25 企業の知恵で節電

 政府の呼びかけによる節電が勧められています。今夏は特に、大規模事業所での15%の節電が義務づけられたので、大手企業や官公庁などは独自の「サマータイム」や「ノー残業デー」、「在宅ワーク」や「クールビズ」の推進など、節電対策を打ち出したところも多くありました。企業での節電は「業務を取りやめる」「業務を減らす」「別の場所・時間で遂行する」ことがカギとなります。「サマータイム」は始業時間や就業時間を早めたり、昼休みをずらして、照明やエアコンなどのピーク時の使用を控えます。日の長い夏時間を有効活用して、取り入れられるものです。戦後の一時期導入が検討されたようですが、日本人の生活習慣に合わずほどなく取りやめになりました。緯度の高いヨーロッパほど日照時間に変化がないからと言われますが、今夏では各企業独自の工夫による「サマータイム」の導入や以前から行われていた「ノー残業デー」の増加や普及により、「アフター5」ならぬ「アフター4」の充実や外食などの経済効果が期待されるなど、思わぬ効果もあったようです。

 製造工場など消費電力の高い設備をもつ企業では、平日のピーク時に稼働を取りやめたり減らしたりするために、土日などの休日や夜間に操業を振り替えたところも多くありました。しかし小さな子どものいる家庭では、休日の預け先に困るなどの問題も起こり、まだまだ行政の支援や対策に課題が残るようです。また、ITの普及により在宅勤務が可能な職種も増えていることから、節電のための「在宅ワーク」も推奨されました。家庭にいる時間が増えて、仕事も生活も充実するという声が多く、今後も増えることが予想されます。震災後の計画停電、夏の節電キャンペーンを通して、節電をすることで経済活動が沈滞しないよう、各企業とも智恵を絞ったのではないでしょうか。しかし、実際に実行するのは各社員や従業員です。「個」を犠牲にして「組織」のために動ける日本人だからこそ、多くの企業で節電目標が達成されたのではないでしょうか。ここでも、やはり大切なことは、ひとりひとりの意識なのだと思います。

配送エリア

畳・襖など、お気軽にご相談ください TEL 0120-650-223 受付時間 9:00 - 18:00 [ 年中無休 ]

PAGETOP
Copyright © 畳隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.